青崎 有吾『体育館の殺人』

体育館の殺人 (創元推理文庫)

体育館の殺人 (創元推理文庫)

このところ活字中毒気味なわたしは、Kindleにお金を吸い込まれて困っています。そこで最近始まったPrime Readingには注目しているんです。

辻村深月三浦しをんといったもう大御所の(かつわたしが好きな)公開されている作品はまず真っ先に読みました。さすがの一言なのですが、その性質上短編なんですよね。

本作は「小説」の分野では珍しいと思います。比較的新しい時代の作家の長編作品です。

久しぶりにいわゆるミステリーを読みましたが、いいものですね。読者を楽しませたろう、という情熱を感じられて歓待をうけているような幸せな時間をいただきました。(随所に出てくるアニメオタクな部分を拾いきれないのもまたもどかしい)

しかし作者が1991年生まれなんですって。Prime Readingなんていう仕組みにも驚いたけれど、いつのまにかそんな時代になっていたことに何よりも驚きました。