『三体 死神永生』

上巻を読み終わる。2022年1月18日。

『三体Ⅲ 死神永生』〈シシンエイセイ〉の上巻を読み終わる。壮大すぎて楽しい。Ⅱ黒暗森林より好きかもしれない。というかあの長大な物語をベースにして、その先を描いてくれることに喜びを感じる。

刊行前の宣伝文「黒暗森林とは別の、階梯計画があった」みたいなのを目にしていたから、私はてっきりⅡ黒暗森林のサイドストーリー、アナザーストーリーのようなものを想像していた。

これが見事に裏切られました。マジで本気の正当続編でした。「Ⅲ」でした。

ソードホルダー。大移住。四次元のかけら。

わりと淡々と翻訳文が描かれるからハードSFらしさを感じてしまうけど、これはたぶんもっとライトにエンタメ的に受け取っていいSFだろうと思う。


下巻を読み終わる。2022年1月20日

おとぎ話から始まるストーリーは大変に美しい。舞台装置としての出来が良すぎる。劇中劇に打ちのめされてしまう。

下巻にあたっては、〈歌い手〉の章から先の怒涛の展開をどう捉えるかに依ると思った。

それまでのいわゆる宇宙・恒星系SFから、一気に次元・世界SFになる。前半から十分ハードだったのがそれ以上にハードになる。SFの歴史の教科書のようです。

解説にもあるが「セカイ系」の影響、系譜を抜きには語れないとは思う。展開が速すぎて正直追いつけない部分もあった。ただ、それに振り回されるのが楽しい。黒暗森林というまったく素晴らしい着地から、その先の世界を真っ向から描いてくれたことが嬉しい。

SF的なガジェット・仕組みはもちろんだが、それ以上に「人間」「人間社会」への洞察の鋭さが一番に感じ入りました。大きな「指針」「成功」「失敗」「罪」それぞれが、時間や立場が変わることでどんどんとその姿を変えていく。人の愚かさと可愛らしさは表裏一体である。

冲方丁『天地明察』

読み終わった本の記録。いや大変。大変におもしろかった。

時代小説ものに苦手があってどうしても遠ざけてしまうわたし。ただこれは日本語の古め加工というかデフォルメがちょうどよくて抵抗なく読めた。

というかさすが人気作家だけありんす。日本語がめちゃくちゃきれい。完了形や過去未来が入り乱れてもスマートだし、係り受けに一切のストレスが無い。この方の本のファンになる気持ちすごくよく分かった。

〈ウブカタ〉は存じておりましたが、実は名前のほう〈テイ〉だと思いこんでいました。正しくは〈ウブカタ トウ〉さんということで、これからは胸を張って手に取って参りたいとおもいます。

2022年1月13日 木曜日。

朝9時すぎに保健所から電話。具合の聞き取り。もう一度連絡する旨。

慌てて荷物の準備をするのと、風呂に入って髭と頭にバリカンを通した。入院になる場合には、できるだけ長い期間手間がかからない方がいいだろうと思って。

11時半ごろ再度の電話。入院先が決まる。

12:15ごろに迎えの車が来るとのこと。めちゃくちゃ早い。そしてその通りに来た。すごい。減圧処理されてるっぽい加工されていた。運転手さんは若かった。空港タクシーを流用してるっぽい感じだった。

この時点でほとんど熱が引いており、咳もほとんど出ていない。このような厚遇を受けて良いのだろうかと肩身が狭かったです。

13:00くらいに病院に着く。入院に伴う手続きをする。血液、血圧、PCR検査など。レントゲンと心電図のとき、胸のピアスに申し訳なさが走る。

個室であります。感染症だからそうだろうけど、たいへんな厚遇です。

昼ご飯を食べずに出てしまったので、とてもお腹が空いた。18:00に夕食。

コロナの症状らしいものが無くて、すでに空腹との戦いみたいになっています。