恒川 光太郎『夜市』

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

これも同じく勧められて読んだ本。人に勧められるものって「期待しすぎちゃいけない」って防壁をつくってしまう天邪鬼なわたし。

しかしそれを裏切るように、あるいは見透かされてその上をいくように、おもしろかった。表題のもう一編『風の古道』がとても印象深かった。

ホラー文庫とあるけれど、どちらもどこか優しく、清々しい。