小林 泰三『玩具修理者』

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

わたしだけではないでしょうが、筆者の読み方を「こばやし たいぞう」だと思い込んでおりました。正しくは「こばやし やすみ」とのこと。本読みの方には常識なんでしょうね。お恥ずかしい。

女性作家に傾倒していたわたしですが、お酒の場で人に勧められて読んだ本。失礼ながら、これがすごくおもしろくってびっくりした。

表題作のほかのもう一編『酔歩する男』が印象深すぎました。タイムトラベル物と一言で言ってしまってよいのかどうかがためらわれる。言葉と文章でここまで感覚を揺さぶられたのは林先生のかの名文以来のような気がします。