三浦 しをん『しをんのしおり』

しをんのしおり (新潮文庫)

しをんのしおり (新潮文庫)

普段「エッセイ」というものを進んで読まないのだけれど、この方のエッセイはつい読みたくなる。

なんということはない日常の風景だし、強い主張もないのだけど、おもわずニヤッとさせられたり大笑いさせられたりような文章ばかりが絶え間なく続くせいで、一気に読んでしまった。