読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道尾秀介『カラスの親指』

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

感動した。圧倒的に緻密な構成なのに、それを最後まで気付かせない筆力に終始ペテンにかけられて、本当にすがすがしい。

道尾秀介さんは『向日葵の咲かない夏』を読んだことがあって、実は細かい点を覚えていないのですが、なんとなく苦手な意識がありました。正直申し上げてどうしてそんなに評価されているのかわからなかった。が、食わず嫌いはよくないですね。これを読んでまったく印象が変わりました。

あらすじはAmazonに譲るとして、詐欺師の男とその“家族”の物語。読み終わったいまでは、文章のすべてに著者の心血が行き届いていることがわかるけれど、純粋に人物小説としてもおもしろい。悩んだり悔やんだり笑ったりがすごく自然に読めた。

そして最後の最後はもう、言葉もない。というか言えない。

重いテーマなのに痛快で爽やか。とても素敵な小説でした。