読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水義範『大人のための文章教室』を読んだ

文章読本の類は、思い出すとときどき探して読んでみる。

こういうものを読み終わったあとに、自分で文章を書いて公開するって、我ながら恥知らずだと思う。思いますけれど、これは読書記録帳なので悪しからず。

この本はかなりいいと思う。小難しいことを言わずに、かなり読者を正確にとらえていて、適切なことを適切なレベルで書いてくれているように感じた。

一番の薬効(本功)は「これなら書けそう」「書いてみたい」と思わせてくれたこと。

ということで「読点は読者を思って打ちましょう」「素人はキーボードとIMEに文章を支配されるのでそこを承知で書きましょう」の、記憶に残った2点を気をつけながらお届けしました。