読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

便利屋さんっていう言葉には、汚くてきな臭くて、けれどかっこよくて優しいっていう不思議な響きがある。自分調べ。

三十年近く生きてきて「便利屋」という存在を目にしたことが無いのだけれど、こんな人が近くにあったら、頼りにしてしまうんだろう。行天みたいに。

直木賞はもっと、ミステリーやサスペンスやカタルシスがあるものが好まれるんだと思っていたけれど、この作品が選ばれたことで見方がまた変わった。

わたしの腐った瞳では、どうしたってBLに読めてしまうのだけれど、それにしたって(むしろいや、そうだからこそ)傑作だと思った。


三連休の昼夜逆転生活が、多大な影響を及ぼしている。