中山七里『贖罪の奏鳴曲』

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)

読み終わった本の記録。素晴らしい安定感。

刑事渡瀬が出てくるので、また事件・刑事モノかと思いつつ、‘悪辣’弁護士もの。

御子柴のキャラクターがすごく立ってる。安定感がすごい。おもしろかった。シリーズ物なので、次作次々作を探します。