中山七里『贖罪の奏鳴曲』

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)

読み終わった本の記録。素晴らしい安定感。

刑事渡瀬が出てくるので、また事件・刑事モノかと思いつつ、‘悪辣’弁護士もの。

御子柴のキャラクターがすごく立ってる。安定感がすごい。おもしろかった。シリーズ物なので、次作次々作を探します。

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』

読み終わった本の記録。

伊坂幸太郎氏のキャラクター、時制のテクニックが冴え渡ってる。薄暗い緊張感と、疾走感。その先に少しの光が射してることがなんとなく分かっているから、頁をめくりたくなる。

岡田青年、溝口さん。善悪は簡単じゃない。

道尾秀介『カササギたちの四季』

カササギたちの四季 (光文社文庫)

カササギたちの四季 (光文社文庫)

読み終わった本の記録。

すごく楽しかった。リサイクルショップを営むへっぽこ探偵ときまじめなワトソン。明るく優しい世界。道尾氏にもこういった作品があることを知らなかった。

津原泰水『11 eleven』

読み終わった本の記録。Kindle版。

一連の騒動で、著者の名前を知ることができたことが一番嬉しい。どの短編にも研ぎ澄まされた輝きがある。要再読。

伊坂幸太郎『オー!ファーザー」

オー!ファーザー (新潮文庫)

オー!ファーザー (新潮文庫)

読み終わった本の記録。