読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おもいでのケータイ」DoCoMo D905i

日記

特別お題「おもいでのケータイ」


三菱電機の最後の端末にして、FOMA最後の名機(個人の感想)

ドコモ D905i

www.nttdocomo.co.jp

ガラケーSONY, Panasonic, SANYOと渡ってきた記憶がありますが、最後に使ったのはこのDでした。

携帯電話に触れた一番はじめのときから、ポケベル入力しかできなかったわたしにとっては、端末を選ぶ基準がまず「ポケベル入力ができるかどうか」だった。

ただポケベル入力ができると一口に言っても、長音、濁点・半濁点、句点・読点の出し方などが機種によって違って(下手をすると記号類などが出せないものさえあった)下調べをして実機を触ってみるまで機種を選べないという重い十字架を背負っていたのです。

D905iポケベル入力の部分が頂点とも言えるほど充実し、スピードセレクターの操作性も相まって圧倒的な操作感を誇っていたのを覚えています。

意図されていたのかどうか分かりませんが、通話・クリア・終話ボタンが段違いになっているため押し間違えないというのも、実は非常にポイントが高かった。当時端末を見ずに高速タイプするのが当たり前だった世界で、「き」の22や「さ」の33などがクリア・終話に触れると、それまで打っていた文章が一気に消えてしまったりする悲劇が絶えなかったのです。

とてもよい端末でした。自分で買ったもの、会社で支給されたものもあわせて、4年くらいは使ったように思います。


sponsored by KDDI