読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤計劃『屍者の帝国』

ようやっと読み終わった…。「読み終わった」という表現が正しくないような気がする。ただ「終わった」の方が適切のように思う。

伊藤計劃虐殺器官』を読んで、多分にもれず感激しておりました。

がしかし、ちょっとね、いやな予感がしておったのですよ。円城塔氏ですから。もうあれ、なにがなんだかわたしの脳内理解の範疇と速度をガンガンに飛び越えていかれましたね。

円城塔による文章を、わたし以外のひとはどのように読んでいるのか不思議でならない。好きな(というか波長が合う)読者にとっては、比類のない作風であろうとは思います。しかし。しかし分からないよ。

虐殺器官』もSFを舞台にしながら、言葉とその作用についての思索が主だったとは思う。が、本作におけるワトソンやバーナビーをはじめとした、分かりやすくそしてよく動くキャラクターがありながら、それに油断しておりました。

www49.atwiki.jp

ここの感じが自分に一番近くて、少々安心してしまいました。