読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辻村深月『ツナグ』

ツナグ (新潮文庫)

ツナグ (新潮文庫)

読書記録。この方、上手ですよね。なんというかひとの心とかその動きの書き方がすごく丁寧に感じる。

ともすれば、描写が偏ってもおかしくない仕掛けそのものをすごーく丁寧に乗りこなしているように感じる。

本作も「生者と死者をツナグ者」という仕掛けなり舞台自体のインパクトが強いのに、それを読ませる。そして最後の美しさですね。

生と死を描くと、最後はフワフワっとするか読者に委ねてしまうかになりがちだと思うのだけど、ここにカタルシスをもっていけるのはさすがだなと思いました。

連作長編。なかでも『親友の心得』は圧倒的でした。