読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の終わりには、始まりと終わりがある。

www.youtube.com

夏の夜。というか明け方。

数年越しの思わぬ再会と、互いにのぞきこんだ瞳の奥。ただ姿かたちを目に焼き付けるように、目をそらさなかった。

見えた気がした。それだけでじゅうぶんだった。


年月はあっという間に消えさったように感じたけれど、そこには触れられないほどの距離があった。

数年越しの思わぬ再会と、急にやってきた別れのかたち。今ごろ気づいたこと。

ふたつの恋の終わりが一度にやってきやがって、つらくて悲しくて、自分がもう信じられないほど。


ただ忘れることのほうがきっとつらいんだ。だから書く。書き残す。

この時ばかりは神はいると思った。そして彼はいたずらが過ぎる。この偶然。この僥倖。この。

明日には少し、来年には大げさに、笑えるときがくる。