読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東野圭吾『夜明けの街で』

夜明けの街で

夜明けの街で

ごめんなさい、あんまり感想ないです。

そんなに長い小説ではないけれど、これもう少し短く短編ないし中編で作品として成立するのではないかしらと思ってしまいました。それでふと思ったんですけど、東野圭吾さんって短編あんまりないですよね。初期ガリレオは短編といえば短編だろうけど、連作短編はまたちょっと違う気もする。

別にわたしが全然清廉潔白ではないのですけれど、不倫関係を一人称で語られるとですね、おモテになってようござんすね――とちょっと共感しづらかったです。逆に読む側の人間が家庭があったりして立場が違えばすさまじい共感が渦をまいたんでしょうか。