読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東野圭吾『使命と魂のリミット』

使命と魂のリミット (角川文庫)

使命と魂のリミット (角川文庫)

手元に本がなくて、図書館に行く日もなかったのですみません、BOOKOFFに寄りました。

久しぶりの東野圭吾です。

なんというか、映画の脚本みたいだなって感じた。よく言えば素直。悪く言えばひねりが足りないような。

「本格」ではないので、推理云々は求めるものではないと思うのです。でもせっかくの「小説」だから、もっとえぐって欲しいような気がした。この辺は難しいですね。構造に寄れば人物は駒になるし、人物に寄れば私小説になってしまう。