読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥田英朗『家日和』

家日和 (集英社文庫)

家日和 (集英社文庫)

なんとなく借りてきた本なのだけど、大ヒットホームランだった。わたしの好きな小説のかなり上位に食い込みそうで危機感を覚えている。

表題の通り「家」のなか、その人々を主題にした短編集なのだけど、ちょっとぞわっとして、そして爽やかな短編だった。このバランス感覚がすさまじい。こんなものすらすら書けてしまうんだろうか。狙って書くにしては高度すぎて、読み終わってから「楽しく読めた」という事実に驚いてしまう。

変に印象に残っているのが「妻と玄米御飯」

ああこれ好きだなあと素直に読めたのが「ここが青山」と「サニーデイ