読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『NOVA3』

3巻目。それまでの2巻と比べて、読みやすい作品が多かったように感じた。

メデューサ複合体』が良かった。ついで『想い出の家』『東山屋敷の人々』が好き。

現実の延長線上にある未来の、そのギミックがつくるドラマが自分は好きなんだろうなと思う。SFっていう舞台を鏡にして人を描いているものが好きというか。あんまりにも精神論や量子論に寄ると、それってSFじゃなくてもいいのでは…という気持ちになってしまう。

瀬名秀明『希望』は頁数も多い大作なのだけれど、一読したかぎりではとても理解が及ばない。だんだんこういう作風を読むことに(というかこういう作風が"在る"ことに)慣れてきて、「たぶん評価高いんだろうな」という印象を持つには持つのですが、だからといって「傑作!」みたいにまるで話の内容が分かった上で何かを感じたかのように語ることは僕にはできない。