読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今邑彩『少女Aの殺人』

少女Aの殺人 (中公文庫)

少女Aの殺人 (中公文庫)

すらすら読めて、一日で読み終わってしまった。サスペンスドラマ観てるみたい。それは決して軽んじてるわけではなくて、読みやすい文章と、先が気になる構成の圧倒的な力があるからだろうな、と思う。中にはありますものね、途中でひっかかってしまうというか読み進められないタイプの文章だって。

続けて同じ作家の作品を読むと、癖というかそういうものが感じられてしまいますね。序盤〜中盤で犯人は分かってしまうのではないでしょうか。

ただ、くどくない程度の人間臭さがあって好きです。どうしてその言動になるのかというところが無理なく読み取れるし、ちょっとほろっとしたりする。

タイトルに偽りなく殺人事件なんですが、不思議とさわやかな読後感です。