読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今邑彩『七人の中にいる』

七人の中にいる (中公文庫)

七人の中にいる (中公文庫)

本日読了。非常におもしろかった。この量ですらすら読ませる力はさすがだなと思いました。正しく娯楽小説なので、深く考えないで(読みとろうとしないで)読むのが正しいのではないでしょうか。

ご本人のあとがきに、書きたいことが書かれてしまっていたので、それに加えて書くことはあまりありません。

ひとつには、「サスペンス」寄りだということ。もうひとつは、携帯電話のない時代だということ。特に後者は、物語のありかたを広く大きく変えたんだなぁと感じます。いまならまだ、携帯のない時代の記憶があるけれど、この先何年かしたら(むしろ若い人にとってはもうすでに)それは時代劇みたいなものになっていくのかしら。