読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我孫子武丸『さよならのためだけに』

さよならのためだけに

さよならのためだけに

名作。個人的に好きで、人に薦めたくなるタイプの作品。

単行本の表紙が素敵で、何気なく手にとった本。

我孫子武丸氏は『殺戮に至る病』しか読んだことがない。「かまいたちの夜」の経歴は知っていたから、ホラーというかミステリーというか、そういう要素が入り込んでくるんだろうと思っていたのです。

が、全然そんなことはなかった。

月(ルナ)の造形がいい。頑固で弱気な水元クンも、まぁいろいろある乾先輩も、フィクションの中で「ああいるよね、そういうひと」という不思議なリアリティがある。

難しいことを読み取ったりすることはないと思う。洒脱な会話と壮絶な「戦い」を楽しめば。