読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買ったもの。CASIO G-SHOCK GW-M5610-1JF

日記

今日Amazonさんから届いた!(つまり着用していないのでそのあたりの感想は無し)

普段キーボードを打つときに邪魔になるので、腕時計はしていない。それと、スーツ用にステンレスバンドのアナログ時計(こちらはSEIKO)もあるから、活躍の機会はいつになるのか。

このように身につける習慣がなくなったことにくわえて、高価な腕時計に興味がない。

けれど、やっぱり必要な場面があるのです。わたくしこの夏はちょっとした旅行とか海とか微妙に予定が多いことが分かっていたのですが、このタイミングで手持ちの唯一のG-SHOCKが電池切れになっていたのです。そこで困った。

ということで、この機会にソーラー駆動の電波時計が欲しかった。できればシンプルで服とか選ばず、使いやすいもの。そして安いもの、ということで選びました。身につけるものなのに店舗で見もしなかったのは初めてかもしれない。

今日届いたので、早速開梱いたしました。

これはお気に入りになる気配が濃厚ですね。軽い。見やすい。電池切れとズレの心配がない。そして思った以上にデザインがぐっときた。

G-SHOCKの文字表示ってクセがあって、正直見やすいと思ったことがなかったんです。時計そのものが大きいせいかデジタル文字が小さく見えたり、アナログだと針そのものが見にくかったりした。

が、このオーソドックスなデザインの四角い形だと、全然違って見える。昔からずっとあるデザインだと思うのだけれど、これは完成されたひとつの形なのでしょうね。

文字盤周りの赤い囲みが何のためにあるのか分からなかったけど、実物ではきれいに見える。というかこれが無いと間の抜けた印象になるかもしれない。それと、思った以上にマットブラックの外装がきれい。


もうひとつ迷ったのがGWX-5600-1JF。

写真でしか見ていないけれど、こちらのほうがバンドが硬そうというかテカテカしているような気がする。ちょっとオシャレだと思ったけど、タイドグラフの見方は全然分からないし使わない。そのスペースがもったいないと判断した。