読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

伊坂作品は実はあまり読んだことがない。昨今の作家・作品には珍しくないけれど、登場人物や舞台の作品間のリンクが多いイメージがある。それはきっと読者に対するサービスやサプライズなんだろうと思うけれど、天邪鬼なわたしには、それが作品に対する無理解に繋がるのではないかという恐怖に感じるのです。

4つの中短編集。なかでも表題作の「フィシュストーリー」がよかった。

こういう構造をもつ作品は多いと思うけれど、「音」も「人」も、作中のすべての言葉に無駄がなくて感銘をうけた。伊坂氏は映画的だな、と感じる。ざらついてるけどあたたかくて、最後に鮮やかに昇華されていく感じがする。


興味本位で借りてきたけれど、これが意外によかった。