読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今邑彩『時鐘館の殺人』

書くペースが追いつかない。記事タイトルに本の名前を入れておきたいので、火急。

時鐘館の殺人 (中公文庫)

時鐘館の殺人 (中公文庫)

短編集。『黒白の反転』と表題作が好きだった。

各編、それぞれテイストの違うミステリーが詰まっていて得した気分になる。

今邑彩さんの本好きだなぁと調べていたら、昨年亡くなっていたことを知ってショックだった。映像化される作品がここのところ多く、また勝手ながら名前から、まだ若い女性だと思っていました。実は大ベテランのかただったんですね。