読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大粟 博司『重力とは何か』を読んだ。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

図書館で借りてきた本。初版2012年5月30日。

科学・物理は高校生で関わりをなくしてしまっていたけれど、すごくおもしろく読めた。かつて特殊相対性理論一般相対性理論に惹かれていたころを思い出しました。「時間と空間」「エネルギーと質量」の融合は何度目にしても感動的だと思う。

後半に進むほど内容が高度になっていくので、「理解できた」とはとても言えないのだけれど、研究者の書く新書としては非常に読みやすかった。

特に序盤から中盤に及ぶところまで、読み手に理解させたいという意思が強く感じられました。終盤が難しく感じるのは、たぶんわたしに科学的な素養が少ないからでしょう。

テレビや新聞でときどき目にする「超弦理論」について平易な言葉を選んで書いてくれています。いい意味で「ちょっと分かった気になる」良い本でした。