読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥田英朗『最悪』よかった

最悪 (講談社文庫)

最悪 (講談社文庫)

久しぶりに夢中になって読んだ。三人の主人公がそれぞれに、ひとつひとつは小さなつまづきに転びながら、それが大きくなって、やがて交差して、一気に駆け下り駆け上っていく。

おもしろかった。

小説だから誇張だって時代にそぐわないことだってあるだろうけど、小さなつまづきがいちいちリアルなのです。だからそれにもがき悩む彼らが愛おしくなる。一緒に苦しむ。

どこかに救いがあってほしいと、ページを繰らずにはいられないし、そうさせる筆致が素晴らしい。

描かれる現実、悪意、そして退路を塞がれていく感覚があまりにリアルなので、心が元気なとき、できればよく晴れた日を選んでお読みになられるとよろしいのではないかと思います、