荻原浩『誘拐ラプソディー』

誘拐ラプソディー (双葉文庫)作者: 荻原浩出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2004/10メディア: 文庫 クリック: 29回この商品を含むブログ (74件) を見る 読了。ドタバタ誘拐劇。映像化されているとは知りませんでした。 主人公よりもその周辺、ヤクザの桜田の…

道尾秀介『龍神の雨』

龍神の雨 (新潮文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/01/28メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (22件) を見る 『向日葵の咲かない夏』に次ぐ代表作でしょうか。図書館で単行本で借りてきました。 雨を背景に交錯する2つの…

道尾秀介『骸の爪』

骸の爪 (幻冬舎文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2009/09メディア: 文庫 クリック: 18回この商品を含むブログ (39件) を見る シリーズものだということを知らずに手にとってしまいました。早く『背の眼』を読まなければならない。真備庄介…

三浦しをん『むかしのはなし』

むかしのはなし (幻冬舎文庫)作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/02メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 44回この商品を含むブログ (74件) を見る 短編集。いわゆる「昔話」をモチーフにした短編で、しかしその途中でこれが全体でひとつの…

伊藤計劃『屍者の帝国』

屍者の帝国 (河出文庫)作者: 伊藤計劃,円城塔出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2014/11/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (18件) を見る ようやっと読み終わった…。「読み終わった」という表現が正しくないような気がする。ただ「終わった」の方が…

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)作者: 歌野晶午出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/05メディア: 文庫購入: 40人 クリック: 204回この商品を含むブログ (365件) を見る 各種の賞で圧倒的に評価が高かったのは明らかで、有名すぎる作品。 ずっ…

辻村深月『鍵のない夢を見る』

鍵のない夢を見る作者: 辻村深月出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/05メディア: ハードカバー クリック: 239回この商品を含むブログ (61件) を見る 夢見る力は、才能なのだ。 夢を見るのは、無条件に正しさを信じることができる者だけに許された特権だ…

道尾秀介『ソロモンの犬』

ソロモンの犬 (文春文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/03メディア: 文庫 クリック: 33回この商品を含むブログ (61件) を見る プロの「解説」を読んでしまうと、もう何もそれ以上のこと書けないよ症候群。もしくはそれを排しても、道…

道尾秀介『片眼の猿』

片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/06/27メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 21回この商品を含むブログ (82件) を見る 『カラスの親指』がよかったので、同作者を。 これも伏線と伏線が津波のように押…

道尾秀介『カラスの親指』

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/07/23メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 67回この商品を含むブログ (96件) を見る 感動した。圧倒的に緻密な構成なのに、それを最後まで気付かせない筆力に終始…

森絵都『風に舞いあがるビニールシート』

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)作者: 森絵都出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/04/10メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 77回この商品を含むブログ (107件) を見る これ以上悪化する見込みのない「最悪」がもたらす、ほのかな安らぎというも…

重松清『ビタミンF』

ビタミンF (新潮文庫)作者: 重松清出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/06メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 35回この商品を含むブログ (139件) を見る 一度読んだことがあったのだけど、再購入してしまった。して、読書記録。

辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/13メディア: 文庫 クリック: 9回この商品を含むブログ (17件) を見る 圧倒的な女の物語。著者が女性であることが残酷なほどの説得力を持たせてる。 女同士の地…

辻村深月『ツナグ』

ツナグ (新潮文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/08/27メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 69回この商品を含むブログ (62件) を見る 読書記録。この方、上手ですよね。なんというかひとの心とかその動きの書き方がすごく丁寧に感じる。…

村山由佳『星々の舟』

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)作者: 村山由佳出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/01/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 61回この商品を含むブログ (142件) を見る 読書記録。 読み終わるのにずいぶん時間がかかってしまった。家族の物語…

大野晋『日本語練習帳』

日本語練習帳 (岩波新書)作者: 大野晋出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/12/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 読み終わったメモ。

東野圭吾『夜明けの街で』

夜明けの街で作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/07メディア: 単行本 クリック: 75回この商品を含むブログ (182件) を見る ごめんなさい、あんまり感想ないです。 そんなに長い小説ではないけれど、これもう少し短く短編ないし中編で作品…

柴田よしき『桃色東京塔』

桃色東京塔 (文春文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/11/09メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る 柴田よしきさんってすごい人なんですね。わたしびっくりしましたよ。作風がものすごく広い。 本作は、警…

石田衣良『1ポンドの悲しみ』

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)作者: 石田衣良出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/05メディア: 文庫 クリック: 15回この商品を含むブログ (80件) を見る 手にとった本が、たまたま恋愛小説が続きました。恋愛小説短編集。 石田衣良さんの本はあまり読んだこ…

柴田よしき『ワーキングガール・ウォーズ』

ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2007/04/01メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (40件) を見る 読了記録。長編だけどぐいぐい読めた。 主人公に自分を重ねてしまうところが多くて、笑…

三浦しをん『きみはポラリス』

きみはポラリス (新潮文庫)作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02/26メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 28回この商品を含むブログ (55件) を見る 読了記録。恋愛小説短編。ど頭からド肝抜かれた。 『私たちがしたこと』『ペーパークラフ…

東野圭吾『使命と魂のリミット』

使命と魂のリミット (角川文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/02/25メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 57回この商品を含むブログ (85件) を見る 手元に本がなくて、図書館に行く日もなかったのですみ…

宮部みゆき『悲嘆の門』

悲嘆の門(上)作者: 宮部みゆき出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2015/01/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 悲嘆の門(下)作者: 宮部みゆき出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2015/01/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) …

奥田英朗『家日和』

家日和 (集英社文庫)作者: 奥田英朗出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/05/20メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 51回この商品を含むブログ (65件) を見る なんとなく借りてきた本なのだけど、大ヒットホームランだった。わたしの好きな小説のかなり上位に…

柴田よしき『聖なる黒夜』(上・下)

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログ (45件) を見る 聖なる黒夜〈下〉 (角川文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/10…

親知らずが痛む2015年です。あけましておめでとうございます。

大晦日、あるいはその前の日くらいから親知らず(というかその周辺の歯茎)が腫れだして、でも普通歯医者やってないからしょうがないね!つって飲みまくって新しい年を迎えました。 まー痛いこと痛いこと。初めて休日当番医を検索して、よかった近くで歯医者…

『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』

聖母の深き淵 角川文庫作者: 柴田よしき出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2012/10/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 月神(ダイアナ)の浅き夢 (角川文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2000/05メディア: 文庫…

『RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠』

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1997/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 21回この商品を含むブログ (38件) を見る 少し前に読み終わったのだけれど、明日本を返す予定なのであわててメモ。 ま…

『NOVA4』

寒くなりましたね。もう冬ですね。まだぎりぎり読書の秋だと言い張りたくてコートは着ていませんが、仕事が忙しくて(まーまた職場でイライラすることが多くて)また酒の飲み過ぎでした。文字の上を目が滑ってしまう。 NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクショ…

『NOVA3』

NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)作者: 浅暮三文,東浩紀,円城塔,小川一水,瀬名秀明,谷甲州,とり・みき,長谷敏司,森岡浩之,大森望出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2010/12/04メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 55回この商品を含むブ…

三浦しをん『舟を編む』

舟を編む作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 光文社発売日: 2011/09/17メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 1,184回この商品を含むブログ (328件) を見る ちょっとSF疲れしていたので、矛先を変えてみようと思って図書館を歩いていたら、おおこれはちょっと…

『NOVA』『NOVA2』

NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)作者: 伊藤計劃,円城塔,北野勇作,小林泰三,斉藤直子,田中哲弥,田中啓文,飛浩隆,藤田雅矢,牧野修,山本弘,大森望出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/12/04メデ…

ロバート・A・ハインライン『夏への扉』

そして未来は、いずれにしろ過去にまさる。誰がなんといおうと、世界は日に日に良くなりまさりつつあるのだ。 夏への扉作者: ロバート A ハインライン,福島正実出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/05/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (11件) …

フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』

マイノリティ・リポート―ディック作品集 (ハヤカワ文庫SF)作者: フィリップ・K.ディック,Philip K. Dick,浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1999/06メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 54回この商品を含むブログ (76件) を見る 職場に「カバンは持た…

今邑彩『少女Aの殺人』

少女Aの殺人 (中公文庫)作者: 今邑彩出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2010/07/23メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件) を見る すらすら読めて、一日で読み終わってしまった。サスペンスドラマ観てるみたい。それは決して軽んじてる…

清水義範『行儀よくしろ。』

私はこれから、文化性による教育、もしくは、文化の伝承という教育について話をしていこうと思っている。そして、そういうものが今私たちの国にちゃんとあるのか、それとも大きく欠如しているのか、ということを見ていきたい。そしてもし欠けているのなら、…

今邑彩『七人の中にいる』

七人の中にいる (中公文庫)作者: 今邑彩出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2010/09/22メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (8件) を見る 本日読了。非常におもしろかった。この量ですらすら読ませる力はさすがだなと思いました。正しく娯…

三浦しをん『光』

罪の有無や言動の善悪に関係なく、暴力は必ず振りかかる。それに対抗する手段は、暴力しかない。道徳、法律、宗教、そんなものに救われるのを待つのはただの馬鹿だ。 光作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/11/26メディア: 単行本 クリック…

三浦しをん『白い蛇眠る島』

白いへび眠る島作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/05/25メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 26回この商品を含むブログ (81件) を見る 持念兄弟。白蛇様。荒神様。鱗。あれ。 三浦しをんさんの作品では、かなり珍しいタイプの作品ではな…

森岡 孝二『働きすぎの時代』

働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963))作者: 森岡孝二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/08/19メディア: 新書購入: 1人 クリック: 35回この商品を含むブログ (60件) を見る 今日は定時で帰ってきました。 ちょうど先週、先々週と大残業が続きましてね…

三浦しをん『まほろ駅前番外地』

「男二人と女一人の三角関係と、男一人と女二人の三角関係を比べれば、わかることじゃないか。前者のほうが、決着が早くつきやすい。どっちの男を選ぶのが得か、女はさっさと見きわめて決めるし、男二人は目くばせしあって、折よいところで一方が身を引く。…

斎藤環『関係する女 所有する男』

まさかと思うだろうか。しかし、われらがノーベル賞候補作家、村上春樹の作品群を眺めてみるとよい。主人公の男性は、ほぼ例外なく、性については受け身である。彼らが淡々とパスタをゆでたりビールを飲んだり「やれやれ」とか言ったりしていると、いつの間…

江國香織『スイートリトルライズ』

「なぜ嘘をつけないか知ってる? 人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」 スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)作者: 江國香織出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/08メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 388回この商品を含むブログ (93…

恩田陸『蒲公英草紙』

ひとの思いというのは不思議なものです。それぞれの顔は別のところを向いていて、なかなか正面からお互いの顔を見ることはできません。 蒲公英草紙―常野物語作者: 恩田陸出版社/メーカー: 集英社発売日: 2005/06メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含…

我孫子武丸『さよならのためだけに』

さよならのためだけに作者: 我孫子武丸出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2010/03/18メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (16件) を見る 名作。個人的に好きで、人に薦めたくなるタイプの作品。 単行本の表紙が素敵で、何気なく手…

三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/01/09メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 196回この商品を含むブログ (270件) を見る 便利屋さんっていう言葉には、汚くてきな臭くて、けれどかっこよくて優しいっ…

柴田光滋『編集者の仕事』

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)作者: 柴田光滋出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/06メディア: 新書購入: 2人 クリック: 32回この商品を含むブログ (23件) を見る 良書。気持ちよく読めた。 仕事柄、わたしはどちらかというと下流から眺める…

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

フィッシュストーリー (新潮文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/11/28メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 64回この商品を含むブログ (166件) を見る 伊坂作品は実はあまり読んだことがない。昨今の作家・作品には珍しくないけれど、…

三浦しをん『木暮荘物語』

木暮荘物語作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2010/10/29メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 43回この商品を含むブログ (70件) を見る 傑作。これはおもしろかった。いろんな意味で「大人」のための短編集。 視点が優しかったり、意地悪だっ…

三浦しをん『悶絶スパイラル』

悶絶スパイラル作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2007/12メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 42回この商品を含むブログ (101件) を見る 日ごろ、小説か新書ばっかり読んでいて、こういう「エッセイ」を読むことはほとんどなかった。 で、…