スマホアプリから投稿テスト。Markdown

見出し1回

見出し2回

見出し3回

見出しボタン4回でプレーンテキストに戻る。

  • 番号なしリスト1回
    • 番号なしリスト2回
      • 番号なしリスト3回

strongemは入力後文字列を選択して押す動作が想定されてる?

文字色

Mac版Google Chromeのフォントレンダリングが弱いと思うのですが、日本語の記事が見つからないので書きます

どう見ても、Google Chromeのフォントレンダリングの様子は、細く、ボケてというか薄く見えると思うのですけれど、どうでしょう…?

フォントサイズが大きい場合はあまり問題になりませんが、特に本文の小さな文字の場合。

Google ChromeFirefoxの比較キャプチャ

f:id:s15i:20160321162951p:plain

Google ChromeFirefoxSafariの比較キャプチャ

f:id:s15i:20160321163101p:plain

f:id:s15i:20160321164326p:plain

動作環境

それぞれのブラウザのバージョン


新しいMacRetina化が進んでいるので、Retina環境で見ると遜色ないのかもしれませんが…。残念ながら手元に環境が無いので試せません。

タイトルで書いた通り、日本語の文章が見当たらないのです。「Chome フォントレンダリング」とか検索しても、Windows版のことはたくさんヒットするのですが、Mac版のことになるとほとんど見当たらない。

というかWindows版はDirectWriteに対応したので、Windowsのブラウザ同士で比べたところでほぼ違いはなくなった(64bit版も登場、DirectWriteレンダリングに対応した「Google Chrome 37」が安定版に - 窓の杜

しかし意地で探したところ「Bad font rendering on Mac OS X El Capitan - Google プロダクト フォーラム」という記事が見つかったので、おお、これはわたしの勘違いではなかった!と喜んでいます。

しかしEl Capitan以前からこの差はあったように思うんですよね…。


わたくしなんだか「また目が悪くなったのか」と心配になりますし、微妙に疲れるので、できればFirefox寄りの太く、くっきりとした出力にしてくれないかしら、と願ってやみません。

いや細いほうがスッキリしていてよい、など人によって好みもおありになるでしょうけどね。

気に食わないならSafariないしFirefoxを使えよ、というお話になるでしょうが、同期や拡張機能、パスワード管理等々の都合ございまして、なかなかどうして難しゅうございます。

2016年の手帳|高橋書店 ニューダイアリー 2

2016年の手帳を買いました。

今年はNOLTYから戻って、高橋書店「ニューダイアリー2」

「仕事の1年」の関係で4月始まりの手帳にしています。本当は1月始まりの方が選択肢が多くて選ぶ楽しみが多くて嬉しいのですが、どうしても期末・期初にあわせたほうが便利だからしかたない…。

世の中には8月決算や11月決算の仕事もあって、そういった場合には(9月始まりという選択はわずかにありつつも)1年をまたがざるをえないことを考えると、ある意味では恵まれているのかもしれない。

昨年までは「NOLTY キャレルA6ウィーク2」でした。

  • 記入欄が3月から始まること
  • 仕事もプライベートもと考えると、持ち歩ける最大サイズは文庫本サイズである、という持論
  • 月のインデックスがあると便利
    • 1月"カレンダー"→1月"週間"→2月"カレンダー"→2月"週間"という順に並んでいるのがよかった
    • 「月」と「週」を往復して見るのが面倒でどちらかしか使わないことが多い

などの理由で選んでいました。記入欄に強いこだわりがあったわけではないけれど、セパレートタイプにしていました。いまの仕事が時間単位で予定がたくさん入るわけではないので、ToDoリストや記録としてつけるといった面の方が強かった。

今回は次の理由での選択となりました。4月始まりの宿命でしょうが、店頭に並ぶのが遅く、業を煮やしてAmazonで購入。

  • 記入欄が3月から始まること
  • スーツのポケットに入る大きさで、場所をとらない
  • 歳をとったのでもう少し大人っぽいものを使いたい
  • 土日の欄は小さくてよい
  • オーソドックスなもので、毎年迷わなくてよいもの。

月のインデックスは犠牲になりましたが、1か月ほど使ってそれほど不自由はないかな、と。また、週間レフト式も応用のきく範囲なのでまぁ大丈夫だろうと。これで土日の小さいセパレートだったら完璧なんですが。


サイズがほぼ同じなので、Handy pick | 手帳(ダイアリー)のダイゴーオンラインショップ | ダイゴー株式会社 の「LARGE」がそのまま使えることに気がついて、いろいろ買ってしまった。

特に次の「プラスホルダー」が便利でした(高橋書店のカバーそのままでは入らないので、Handy pick用のカバーに差し替えは必要)

shop.daigo.co.jp

荻原浩『誘拐ラプソディー』

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

読了。ドタバタ誘拐劇。映像化されているとは知りませんでした。

主人公よりもその周辺、ヤクザの桜田のほうに感情移入してしまうのは、自分が歳をとったからでしょうか。

けっこうな長編だと思いますが、笑いの比重が大きくてすらすら読めました。ライトな読み物というガワをしてますが、子供に歩み寄っていく大人、活き活きとしていく子供についての表現に、思い入れを感じます。

読後感が悪くない。今日みたいな晴れた日に素敵なラストでした。

道尾秀介『龍神の雨』

龍神の雨 (新潮文庫)

龍神の雨 (新潮文庫)

『向日葵の咲かない夏』に次ぐ代表作でしょうか。図書館で単行本で借りてきました。

雨を背景に交錯する2つの家族の物語。今回こそは「変化球」に対応できるだろうと思っておったのですが、相変わらずだまされました。気持ちがいいほどです。

蓮と圭介の視点からの物語が、楓と辰也のものになったとき、筆者得意の驚く結末が姿を表します。

同時に、2つの家族の真実が明らかになったとき、切ないながらも一条の救いを見るような気がします。

それにしても圭介くんは賢すぎないかとも思いましたが、子供を侮ってはいけないのかもしれません。

道尾秀介『骸の爪』

骸の爪 (幻冬舎文庫)

骸の爪 (幻冬舎文庫)

シリーズものだということを知らずに手にとってしまいました。早く『背の眼』を読まなければならない。真備庄介と道尾秀介の「霊現象探求所シリーズ」の2作目にあたる作品とのこと。

仏像をテーマにした作品で、「准胝観音」が出てきたくだりで「あれ? なんか読んだことあるような気がする」と思ったら、森絵都風に舞いあがるビニールシート』の一編『鐘の音』でした。

わたし自身は仏像にまったく詳しくないので、それはもう「へぇ。そういうもんなんだー」と感心しながら読むしかなかったのですが、著者はこの分野に非常に造詣が深いそうですね。

ミステリーでありつつホラー寄り?と言えると思うのですが、怖い・気味が悪い描写がさすがに上手でした。同じ著者の作品を読んでしまっていると「おっといけない、この描写にだまされないぞ」という意識がついてまわってしまうのが難点といえば難点でしょうか。

とはいいつつ、相も変わらず敷き詰められた伏線が、小さな波、大きな波、去ったと思ったらまた波……というように展開する中盤以降は圧倒的です。

三浦しをん『むかしのはなし』

むかしのはなし (幻冬舎文庫)

むかしのはなし (幻冬舎文庫)

短編集。いわゆる「昔話」をモチーフにした短編で、しかしその途中でこれが全体でひとつのおはなしであることが半ばで明らかになる。

連作短編自体は珍しくないけれど、それが隠されている構造をもつ短編集はけっこう珍しいのではないかと思う。そして構造だけでなく、実は地球滅亡を前にするSFだったことが明らかになる。非常によくできている。

独白という形をとりつつ、メールだったり取り調べだったり日記だったり、それが工夫に富んでいて、まったく飽きることがありません。

ロケット、犬、諦観と愛情。言葉と物語。けっこうどうしようもない主人公たちなのに、憎めない。むしろ愛おしくなるような人物たちでした。