書き順の話

ケータイ、パソコンが主になって、ペンを持って字を書くこと自体が激減しました。小学生・中学生のころなんかは漢字テストにけっこう自信があった方なのですが、今になってクイズ番組の漢字の出題なんかを見ると「え、全然出てこない」と愕然とします。

それとはまた別の話ではありますが、どういうわけか書き順を誤って覚えていた文字がかなりあることに最近気がついたので、吐き出したくてメモ。

「書き順」というもの自体の是非には議論が多々ある(時代がくだってから便宜的に決められたものにすぎない)ことは重々承知の上でございます。ただたまに宛名を筆で書かなきゃいけない機会があったりするものだから、間違いと言われるよりは「正しい」書き順を踏めるならそれが幸い。

「馬」の書き方 - 漢字の正しい書き順(筆順)

1画目はタテから始まるのが正しいらしいです。なぜかヨコから始めるものだと思い込んでいました。

慣れとは怖いもので、タテから始めようとすると上手く形が決まらないので暇をみては練習してみたりしているレベル。

象形文字まで遡って、お馬さんがタテガミをなびかせてるイメージ。

区・医

「区」の書き方 - 漢字の正しい書き順(筆順)

「医」の書き方 - 漢字の正しい書き順(筆順)

頻出なのにこれも気が付かなかった。1画目ヨコ画のあと「中身」を書くのが正しいそうです。

なぜかヨコ書いたあとにタテで「┏」を完成させてから中身を書いてました。

布・希

「布」の書き方 - 漢字の正しい書き順(筆順)

「希」の書き方 - 漢字の正しい書き順(筆順)

これは間違って覚えてたわけではなくて考えたら分かるのだけど、手で書いたときに間違えてました。

「右」と同じく左払いから始まるのが正しい。

「左・右」では注意するからか間違えないのだけど、「布」単体で見るとテキトーになってしまう。

H・T

アルファベットの一般的な書き順

アルファベット編。漢字以上にどうでもいいのは百も承知で、書き順にもいくつか推奨されているものにいくつかの種類があるのを知っていましたか。僕は知りませんでした。知っていたつもりでしたが覚えていませんでした。

特にこの「H」と「T」。いくつかの流派はあるようですが、だいたい縦棒から書き出すのがよろしいようです。

「T」なんて「丁」「了」あたりの漢字に沿ったら順番逆にするの難しすぎるだろと思うのですが。

これ実のところ本当に各人の好きなようにしてよろしいのだと思うのですが、筆記体を思い浮かべたときに、この順序でないと確かに不自然なような気がするのです。

青崎 有吾『体育館の殺人』

体育館の殺人 (創元推理文庫)

体育館の殺人 (創元推理文庫)

このところ活字中毒気味なわたしは、Kindleにお金を吸い込まれて困っています。そこで最近始まったPrime Readingには注目しているんです。

辻村深月三浦しをんといったもう大御所の(かつわたしが好きな)公開されている作品はまず真っ先に読みました。さすがの一言なのですが、その性質上短編なんですよね。

本作は「小説」の分野では珍しいと思います。比較的新しい時代の作家の長編作品です。

久しぶりにいわゆるミステリーを読みましたが、いいものですね。読者を楽しませたろう、という情熱を感じられて歓待をうけているような幸せな時間をいただきました。(随所に出てくるアニメオタクな部分を拾いきれないのもまたもどかしい)

しかし作者が1991年生まれなんですって。Prime Readingなんていう仕組みにも驚いたけれど、いつのまにかそんな時代になっていたことに何よりも驚きました。

山本 甲士『ひかりの魔女』

ひかりの魔女 (双葉文庫)

ひかりの魔女 (双葉文庫)

Amazonのおすすめに表示されていて、なんかタイトルに惹かれ、評価も高いしで買ってしまったもの。作者の山本甲士さんというお名前を知らなかったのですが、とても読みやすく、優しい文章を書かれるので、一気に好きになってしまいました。Amazonのおすすめってダメだよねーあははとか思っててスミマセンでした。すごいです。わたしの琴線をピンポイントで弾くのやめてください。お金がなくなってしまいます。

あらすじからはもっとハチャメチャドンドンなイメージで覚悟しておったのですが、全然そんなことはなく、無理のない文章なのにワクワクさせてくれる。読後、とても優しい気持ちにしてくれる本。

三浦 しをん『しをんのしおり』

しをんのしおり (新潮文庫)

しをんのしおり (新潮文庫)

普段「エッセイ」というものを進んで読まないのだけれど、この方のエッセイはつい読みたくなる。

なんということはない日常の風景だし、強い主張もないのだけど、おもわずニヤッとさせられたり大笑いさせられたりような文章ばかりが絶え間なく続くせいで、一気に読んでしまった。

恒川 光太郎『夜市』

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

これも同じく勧められて読んだ本。人に勧められるものって「期待しすぎちゃいけない」って防壁をつくってしまう天邪鬼なわたし。

しかしそれを裏切るように、あるいは見透かされてその上をいくように、おもしろかった。表題のもう一編『風の古道』がとても印象深かった。

ホラー文庫とあるけれど、どちらもどこか優しく、清々しい。

小林 泰三『玩具修理者』

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

わたしだけではないでしょうが、筆者の読み方を「こばやし たいぞう」だと思い込んでおりました。正しくは「こばやし やすみ」とのこと。本読みの方には常識なんでしょうね。お恥ずかしい。

女性作家に傾倒していたわたしですが、お酒の場で人に勧められて読んだ本。失礼ながら、これがすごくおもしろくってびっくりした。

表題作のほかのもう一編『酔歩する男』が印象深すぎました。タイムトラベル物と一言で言ってしまってよいのかどうかがためらわれる。言葉と文章でここまで感覚を揺さぶられたのは林先生のかの名文以来のような気がします。

上橋 菜穂子『鹿の王』

読んだ本の記録。