Googleドキュメントで綺麗なフォントを利用する(Windows)

まえおき

GoogleドキュメントをWindows環境で利用すると、日本語部分のフォントが「メイリオ」もしくは「MS Pゴシック」になるのがおそらく普通だと思われる。

フォント自体に罪はないが、文書を作る手前できるだけ読みやすい書体を使いたい。個人的な好みの問題だが、紙で見るメイリオは文字の圧力が強すぎる印象がある。見出しだったらよいが、本文に連続するとつらい。

MacならヒラギノChromebookならNoto Sans CJKで表示されてキレイなのに、Windowsだと悔しい…と思っていた。

結論

  • ブラウザの「標準フォント」を「Noto Serif CJK JP」にする。
  • ドキュメント内のフォントの指定を「Times New Roman」にする。

こうすることで、本文と見出しのバランスがよくなった。 f:id:s15i:20170605145011p:plain

「デフォルトのスタイルとして保存」して、使いまわせる機能があるので、とてもよい。

ブラウザの「標準フォント」の設定をいじるので、他のWebサイトを閲覧したときに「Noto Serif CJK JP」が適用される副作用はもちろんある。Webサイトをセリフ・明朝体で閲覧するのは一般的ではないと思うが、だいたいのWebサイトはsans-serifが指定されているので大丈夫そう。というか「Noto Serif CJK JP」がよくできているので、これで表示されても特段問題ない。

この設定だと、同じGoogleドライブ仲間のスプレッドシートでも「標準フォント」が出てくるけれど、これはもう素直にメイリオを指定しよう。ふところが大きくて読みやすい。

結論の先

Google様が、日本語Webフォントを指定できるようにしてくださるまでの辛抱だ。この暁には、OSごとの差異もない地平が広がっている。どうかお願いいたします。

試行錯誤の記録

Googleドキュメントの言語の指定をEnglishにすると、Google提供のWebフォントが追加できる。羨ましい。しかし日本語ではまだできないのが残念。

セリフ・明朝ではなく、サンセリフ・ゴシックの「Noto Sans CJK JP」でもよいと思う。というかこちらが先にリリースされていたので試していた。

しかし、なぜか「印刷」コマンドを実行すると太字(ボールド)指定した部分が適用されず、すべてRegularになってしまうことに気が付いた。編集・閲覧画面では太字(ボールド)は表示されているのに不思議。

「Noto Sans CJK JP」と「Noto Serif CJK JP」とでは、微妙にフォントファイルの構成が異なる?(~Sansは"Regular"と"Bold"に分かれて解釈されているように見える)

あるいは、Chromeのフォント表示(特に印刷の部分)の問題かもしれない。

とにかくその過程で、フォントにGeorgiaTimes New Romanなどの欧文書体を指定した場合、和文はブラウザの「標準フォント」が使われることが分かった。

「Noto Sans CJK JP」では太字問題が解決できなかったが、「Noto Serif CJK JP」の場合には、太字が問題なく扱える。本当は見出しにごゴシック指定などしたいところだけれど、太字がかなりはっきりしているのでここは妥協する。メリハリのある体裁にできて嬉しい。

なお、Adobeが提供している「源ノ角ゴシック」「源ノ明朝」は、そもそもChromeのフォント設定で「指定はできるが無視される」という謎の現象があって、Notoシリーズの方がよかった。

欧文はTimes New Romanでなくても別によい。

和文明朝体に欧文サンセリフは普通組まないと思うから、セリフのTimes New RomanGeorgiaの2択。ドキュメントの言語設定をEnglishにするとWebフォントを追加して選べるのでこの場合は選択肢は膨大になるが、あまり複雑にしてしまうのもどうかなと思う。

個人的に、Georgiaの特にオールドスタイル数字が大好きだが、見出しサイズの大きさに使いにくいのと、文書を見る人に「なんか数字ヘンじゃない?」とか突っ込まれるのが予想できるので、とりあず素直にTimes New Roman

できれば本文くらいはGeorgiaにしたい。が、個別に指定するのがちょっと面倒なので保有中。

余談

Google ドキュメントの便利さに心酔している。

最近「段組み」ができるようになったときから、完全に虜になった。

スプレッドシートはまあExcelの操作感と異なる部分で、もどかしく思う部分もあるけれど(独自の関数、特にUNIQUE関数は尊い)ドキュメントはすばらしい。もっと注目されてもよいと思う。

Wordは機能が多すぎて使いこなせない部分があるけれど、これくらい機能が絞り込まれているほうが、誰が作ってもキレイなものができるのではないかと思う。凝ったものを作ろうとするのは別に譲ろう。

ボウズ記念日(初)

生まれてはじめてボウズにしてきました。

もともと短くしておくのが好きで、だいたい2週間おきに1,000円カットに通ってきたんですが、どんどん短くなっていって「これもうボウズと変わらなくね? というかセットとかするのめんどくさくね? てかボウズの人カッコよくね」という思考回路が生成されていきまして。ついに今日丸坊主にしてきました。

3ミリ〜トップ6ミリくらいらしい。超がつく直毛だから本当はもっと短くてもいいと思ったけれど(伸びかけで形が悪くなるのがいやで)はじめてだし勧められるがまま。

正直、とても気に入ってしまった。

月曜から会社に行ってどうしても色々聞かれるだろうから、それが面倒だと思うけれど、案外まわりはすぐ慣れるだろうと思いたい。

「おもいでのケータイ」DoCoMo D905i

特別お題「おもいでのケータイ」


三菱電機の最後の端末にして、FOMA最後の名機(個人の感想)

ドコモ D905i

www.nttdocomo.co.jp

ガラケーSONY, Panasonic, SANYOと渡ってきた記憶がありますが、最後に使ったのはこのDでした。

携帯電話に触れた一番はじめのときから、ポケベル入力しかできなかったわたしにとっては、端末を選ぶ基準がまず「ポケベル入力ができるかどうか」だった。

ただポケベル入力ができると一口に言っても、長音、濁点・半濁点、句点・読点の出し方などが機種によって違って(下手をすると記号類などが出せないものさえあった)下調べをして実機を触ってみるまで機種を選べないという重い十字架を背負っていたのです。

D905iポケベル入力の部分が頂点とも言えるほど充実し、スピードセレクターの操作性も相まって圧倒的な操作感を誇っていたのを覚えています。

意図されていたのかどうか分かりませんが、通話・クリア・終話ボタンが段違いになっているため押し間違えないというのも、実は非常にポイントが高かった。当時端末を見ずに高速タイプするのが当たり前だった世界で、「き」の22や「さ」の33などがクリア・終話に触れると、それまで打っていた文章が一気に消えてしまったりする悲劇が絶えなかったのです。

とてもよい端末でした。自分で買ったもの、会社で支給されたものもあわせて、4年くらいは使ったように思います。


sponsored by KDDI

Chrome OSの不便なところ: 日本語入力時に最初から英数字を半角で入力したい

2016年8月頃に衝動的にChromebookASUS Chromebook Flip ノートパソコン C100PA)を購入しています。

起動が早く、筐体が小さく、Chrome特有の同期機能がとても便利です。メモリが少ないのでカクつくこともありますが、インターネットを使うだけであれば十分です。というか、ネットをするにあたってWindowsMac以上に狙われづらいだろうという安心感があって、もっぱらChromebookに頼っています。

彼のおかげで、MacbookがほぼiPhoneバックアップ専用機と化していますが、スマートフォンAndroid機にうつす勇気はまだない。これはまた別の話。


それで、便利に使っているChromebookさんなのですが、そのChrome OSでどうしても不便なところがある。

日本語入力モードで、英数字を最初から半角で入力したい(最初から全角で入力したくない)

Google日本語入力には設定項目があるのだけれど――

blogger.zatsuroku.net

www.lifehacker.jp

Chrome OS(バージョン 56.0.2924.110)にはこの設定項目が見つからない。(あったらごめんなさい。ググっても見つけられないのです)

英字ないし欧文はまだいい。アタマと一緒に入力モードを切り替えられるし、Shiftキー切り替えの入力補助がある。

しかし数字をなんとかしたい。入力後に変換すればいいのだけれど、その手間をかけるのが億劫。なんとかならないだろうか。


日本語入力の際に「全角英字」「全角数字」でまず入力するのが、どうもIMEまわりのデフォルトになっているようなのだけれど、そもそもこれがおかしいと思っているんですよね。きょうび「全角英字」「全角数字」なんて、よほど特殊な場面でないと使わないではありませんか。

2017年の手帳|高橋書店 ニューダイアリー2|4月始まり

しばらく書くことがなかったのですが、記録のため。

今年の手帳も昨年と同じもの。

しかしこの1年で手帳の使い方もだいぶ変わった。失くすのがこわくて、基本的に会社に置きっぱなしにしてしまっている。したがってプライベートな予定はiPhoneGoogleカレンダーに依存してます。

いろんなアプリを使っていたけどYahoo!のアプリが便利すぎてやっと普通にスマホで予定管理するのに抵抗がなくなったという面も大きいです。別に回し者じゃないです。

会社はOffice365とそれに付随するOutlookの運用が始まったため、基本的にそれに入力することになった。当初はその意義がよく分からなかったけれど、自分以外からも予定が見られることがなにかと便利なんだと気がつきました。忙しいワタシをアッピル。

そういうわけで、手帳で予定管理することがずいぶん減ったように思います。というか予定を二重ないし三重で管理することになるのでダブルブッキングが怖いし、同じ予定を何回も入力したり書いたりしている現状がシュールというか本末転倒というか。

「紙とかペンとか文房具が好き」という趣味の理由に加えて「書く姿勢を見せられる」「電池切れや破損に備えて」などという実用上の理由がいくつあるのか数えて自分を納得させているような気さえしてきます。

スマホアプリから投稿テスト。Markdown

見出し1回

見出し2回

見出し3回

見出しボタン4回でプレーンテキストに戻る。

  • 番号なしリスト1回
    • 番号なしリスト2回
      • 番号なしリスト3回

strongemは入力後文字列を選択して押す動作が想定されてる?

文字色

Mac版Google Chromeのフォントレンダリングが弱いと思うのですが、日本語の記事が見つからないので書きます

どう見ても、Google Chromeのフォントレンダリングの様子は、細く、ボケてというか薄く見えると思うのですけれど、どうでしょう…?

フォントサイズが大きい場合はあまり問題になりませんが、特に本文の小さな文字の場合。

Google ChromeFirefoxの比較キャプチャ

f:id:s15i:20160321162951p:plain

Google ChromeFirefoxSafariの比較キャプチャ

f:id:s15i:20160321163101p:plain

f:id:s15i:20160321164326p:plain

動作環境

それぞれのブラウザのバージョン


新しいMacRetina化が進んでいるので、Retina環境で見ると遜色ないのかもしれませんが…。残念ながら手元に環境が無いので試せません。

タイトルで書いた通り、日本語の文章が見当たらないのです。「Chome フォントレンダリング」とか検索しても、Windows版のことはたくさんヒットするのですが、Mac版のことになるとほとんど見当たらない。

というかWindows版はDirectWriteに対応したので、Windowsのブラウザ同士で比べたところでほぼ違いはなくなった(64bit版も登場、DirectWriteレンダリングに対応した「Google Chrome 37」が安定版に - 窓の杜

しかし意地で探したところ「Bad font rendering on Mac OS X El Capitan - Google プロダクト フォーラム」という記事が見つかったので、おお、これはわたしの勘違いではなかった!と喜んでいます。

しかしEl Capitan以前からこの差はあったように思うんですよね…。


わたくしなんだか「また目が悪くなったのか」と心配になりますし、微妙に疲れるので、できればFirefox寄りの太く、くっきりとした出力にしてくれないかしら、と願ってやみません。

いや細いほうがスッキリしていてよい、など人によって好みもおありになるでしょうけどね。

気に食わないならSafariないしFirefoxを使えよ、というお話になるでしょうが、同期や拡張機能、パスワード管理等々の都合ございまして、なかなかどうして難しゅうございます。